酒田五法投資の心得-三位伝 一、機に待つに即ち「仁」 一、機に乗ずるに即ち「勇」 一、機に転ずるに即ち「智」 「仁」とはチャンスが来るまで努力して待つということ。そして、絶好のチャンスが来たら果敢に乗るのが「勇」であり、柔軟な対応ですぐに考えや気持ちを切り替えることが「智」となります。 

最近の記事
2009年09月13日
信託分別管理(しんたくぶんべつかんり)とは、外国為替証拠金取引(FX)業者等が自社の資産と顧客の資産を分けて管理する為に、信託銀行と信託契約を締結し、顧客からの預かり資産を信託口座にて管理することをいう。

「信託保全」、「信託保全管理」などともいう。


【特徴】

信託口座による信託分別管理が行われることで、取引業者等が破綻した場合には、信託管理人が信託銀行から信託財産の交付を受けた上で、当該財産の範囲内で取引業者等の顧客に帰属すべき資産を返還する。

但し、本制度は顧客の資産の元本を保証するものではない。

取扱商品の相場の変動等により、顧客が取引業者に預託した金額の範囲を超える損失が発生するリスクがある。

尚、信託銀行は取引業者等から信託された金銭の管理のみを行い、取引業者等および信託管理人の監督および選任の責任を負わない。

また、信託銀行が取引業者等に替わり顧客に対する資産の支払い義務を負うものではないため、取引業者等の顧客は信託銀行に対し資産の支払いを直接請求することは出来ない。



「信託分別管理」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2009年7月14日 (火) 15:25 URL:http://ja.wikipedia.org
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。