酒田五法投資の心得-三位伝 一、機に待つに即ち「仁」 一、機に乗ずるに即ち「勇」 一、機に転ずるに即ち「智」 「仁」とはチャンスが来るまで努力して待つということ。そして、絶好のチャンスが来たら果敢に乗るのが「勇」であり、柔軟な対応ですぐに考えや気持ちを切り替えることが「智」となります。 

最近の記事
2009年09月23日
FOMCとは、「Federal Open Market Committee」の略で、すなわち「連邦公開市場委員会」のことです。

米国において金融政策の最高意思決定機関になります。

日本における「日銀金融政策決定会合」やEUにおける「ECB政策理事会」に相当する機関である。

日銀金融政策決定会合では月に1,2回開催されるが、基本的に6週間ごと火曜日、年に8回に開催され、米国の景気や経済情勢をふまえ予想・検討しながら、金融政策を決定する。

この委員会は、FRB(連邦準備制度理事会)の理事7名と5名のNY連銀を含む地区連銀総裁で構成されており、議長はFRB議長が、副議長はNY連銀総裁が担当する。

米地区連銀景況報告(ベージュブック)を中心に議論され、マネーサプライ(通貨供給量)の調整や金利・為替レート、FF金利(フェデラル・ファンド金利)や公定歩合など様々な項目について議論がなされる。

話し合いの2日後に、FOMC議事録が公表されることになっているが、金利引き上げなどの重要事項も盛り込まれているため、経済状態を知る上で注目されるべき重要な資料となる。

委員会での決定は、米国の経済や株式市場に大きく影響するだけではなく、米国市場と連動性の高い日本経済にも影響を及ぼすことがある。
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。