酒田五法投資の心得-三位伝 一、機に待つに即ち「仁」 一、機に乗ずるに即ち「勇」 一、機に転ずるに即ち「智」 「仁」とはチャンスが来るまで努力して待つということ。そして、絶好のチャンスが来たら果敢に乗るのが「勇」であり、柔軟な対応ですぐに考えや気持ちを切り替えることが「智」となります。 

最近の記事
2009年10月11日
円キャリー取引(えんキャリートレード)は「円借り取引」とも呼ばれ、円資金を借入れて相場商品や証券など一般には金融資産を保有し、一定期間後に資産を売却しその売却対価によって、資金を付利して返済し、差額により利益を得ようとすることである。

資産を保有すること、つまりポジションを持つ状態(正しくは、ロングポジションにあること)をキャリングというが、円をキャリングしているわけではない。


【概要】

円キャリー取引(円キャリートレード)は、円資金を借入れて様々な取引を行うことを指す。

国際的にみて低金利である円を借入れて、円を売ってより高い利回りとなる外国の通貨、あるいは外国の通貨建ての株式、債券などで運用して「利ざや」を稼ぐ行為は、円キャリー取引と呼ばれている。

内外の機関投資家のほか、個人投資家もこの取引に参加している。

個人がこの取引に入る形として注目されているものに外国為替証拠金取引(FX)がある。

証拠金取引では、証拠金に比べて大きな取引をすることが可能だが、それは資金を借入れているのと同じ状態である。

このような円借り取引の拡大もあって、本来は経常収支の黒字によって円高が進行するはずの日本で、円売りが多いために逆に円安が進行して注目されている。

背景には日本の金利が2006年7月の日本銀行によるゼロ金利政策の解除以降も、なお絶対的にも国際的にも相当に低い水準にあることがある。

しかし今後、日本の金利が上昇したり円高が進行したりすると、円借り取引を継続していると為替差損が拡大するリスクが高まるので取引を解消(手仕舞い)しようと、早めに円を買い戻す動き(巻き戻し)が出て円高が加速され急激な円高となることが懸念されており、円借り取引の問題は日本銀行の金融政策の新たな制約要因となっている。

円キャリー取引の資金の多くは日本の金融機関が用立てしている。

そのためアメリカの株価が急落すれば、日本の金融機関は円キャリー取引の清算に失敗した海外の投資家達の不良債権を一気に抱えることになり、最終的なババを引かされる可能性があるため、円キャリー取引の行方は日本経済にとっても重要な問題である。


「円キャリー取引」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2009年2月22日 (日) 14:49 URL:http://ja.wikipedia.org
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月10日
デリバティブとは伝統的な金融取引(借入、預金、債券売買、外国為替、株式売買等)や実物商品・債権取引の相場変動によるリスクを回避するために開発された金融商品の総称である。

英語のDerivativesに忠実に、「デリバティブズ」と呼ばれることもある。

金融派生商品(きんゆうはせいしょうひん)ともいう。

デリバティブ(derivative)は、「誘導的な」「派生した」という意味である。


「デリバティブ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2009年6月27日 (土) 12:49 URL:http://ja.wikipedia.org
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月06日
外国為替(がいこくかわせ)とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。


【概要】

外国為替の取引では、必然的に「自国通貨と外国通貨とを交換する」こととなり、その交換比率、すなわち外国為替相場が成立することになる。

狭い意味では、外国為替の手段である具体的な外国為替手形や送金小切手のことを指したり、外国為替相場のことを指すこともある。

また、(やや本来の用法を逸脱するが、)銀行の外国為替業務と言った場合、外国為替相場が関わる外貨現金との両替業務(外貨現金の直接輸送があることが前提)や、外貨預金に関わる業務(国際間の貸借関係を必ずしも前提としない)を含めることが多い。

「外為(がいため)」と略称で呼ばれることも多い。


「外国為替」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2009年8月31日 (月) 16:10 URL:http://ja.wikipedia.org
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月05日
レバレッジ(英語 leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで、自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。

原義は「てこ(レバー、lever)の使用」。

レヴァレッジ、リバレッジなどカナ表記はいくつかある。

レバレッジ効果、レバレッジ率などとも。


「レバレッジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2009年9月30日 (水) 18:00 URL:http://ja.wikipedia.org
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月23日
FOMCとは、「Federal Open Market Committee」の略で、すなわち「連邦公開市場委員会」のことです。

米国において金融政策の最高意思決定機関になります。

日本における「日銀金融政策決定会合」やEUにおける「ECB政策理事会」に相当する機関である。

日銀金融政策決定会合では月に1,2回開催されるが、基本的に6週間ごと火曜日、年に8回に開催され、米国の景気や経済情勢をふまえ予想・検討しながら、金融政策を決定する。

この委員会は、FRB(連邦準備制度理事会)の理事7名と5名のNY連銀を含む地区連銀総裁で構成されており、議長はFRB議長が、副議長はNY連銀総裁が担当する。

米地区連銀景況報告(ベージュブック)を中心に議論され、マネーサプライ(通貨供給量)の調整や金利・為替レート、FF金利(フェデラル・ファンド金利)や公定歩合など様々な項目について議論がなされる。

話し合いの2日後に、FOMC議事録が公表されることになっているが、金利引き上げなどの重要事項も盛り込まれているため、経済状態を知る上で注目されるべき重要な資料となる。

委員会での決定は、米国の経済や株式市場に大きく影響するだけではなく、米国市場と連動性の高い日本経済にも影響を及ぼすことがある。
タグ:知識

★ブログランキングに参加しています...
★応援クリックよろしくお願いします...
ranking03-011.gifにほんブログ村
ranking03-011.gif人気ブログランキング

posted by まんじぃ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。